複雑な樹形にするために

左の写真を見てください。

ヒメシャラの事に詳しい人ほど、驚くこの樹形はまさにKirimuでの研究の一つの集大成と言えるかもしれません。

引っ張って、ねじって作ったのかな?と思いますが。この形を作り出すにはもっと時間と根気が必要です。自然と樹木の成長を予測しながら手入れをしていきます。しかし枝が次どこから生えてくるかなど正確な予想はできません、さらに風雨にさらされ枝が折れたり、シカに新芽をかじられたりと色んな事が起きます。

自然に逆らわない事、木の特性をよく理解している事、そこにセンスが加わりやっとこのような木が出来てきます。

残すは、この木にピッタリな庭に出会う事のみでしょうか?

一般的な樹形(左下)と Kirimuオリジナルの木(右下)

標準的なヒメシャラkirimuno

No Comments Yet.

Leave a Reply

Message