様々な樹形をひとつひとつ

ここで紹介されている木たちは、すべて同じ種類の木です。育つ前から、まだ出会わぬ色んな庭を想像して様々な形に作られています。この写真の木は縁側から眺めた時に株がちょうど縁側の高さの部分でわかれるように考えられた高さになっています。

姫シャラ工房 木里夢

50年近く育て続けている特別なヒメシャラをひとつひとつ紹介するページです。木の作者である赤塚代表は、アイデアを公開するのは複雑な思いのようですが、アイデアやテクニックを伝えたところで、この大きさに育てるのに50年かかるとしたら誰がやるでしょうか?という事でこだわりのヒメシャラたちを惜しみなく紹介したいと思います。

複雑な樹形にするために

ヒメシャラの事に詳しい人ほど、驚くこの樹形はまさにKirimuでの研究の一つの集大成と言えるかもしれません。

樹齢100年!?

山から運んで来たとき、すでに立派な木でした。それを根元から切り、伸ばしてさらに50年近く育てている立派な株立ちです。このヒメシャラの畑の中でも最も大きい部類に入ります。

山で育てる事の意味

修善寺のヒメシャラはシカに食われ、風雨にさらされワイルドに育っていきます、何気なく見ていると気付かなかった木もその情景を浮かべてみると自然の中で育ったワイルドさと、その情景を感じることができます。

葉っぱのちがい

通常の木であれば、右下の大きさ位の葉っぱが生えているはずですが、途方もない時間をかけて育てていますから、葉の大きさも自ずと大きくなります。